ウェディング編 当日のレポート

【コンラッド披露宴レポート②】ウェディングドレス編その1「入場・挨拶」細かい演出もご紹介☆

更新日:

こんにちは^^☆
 
 
今日は、披露宴スタートからお色直しまでの、【ウェディングドレスで過ごす時間】について書いていきたいと思います♪
 
 
前回までのレポを読んでいただくと流れが繋がりますので、よかったら読んでみてくださいね☆
 
 

入場について

 
 
前回、入場前のシーンまで書かせていただきましたが、入場曲に選んだのは「ETERNITY∞」の「Wonderful World」♪
 
 


 
 
とても人気のある曲ですので、お友だちの結婚式などで聴いたことがある方も多いかもしれませんね。
 
(わたしは聴いたことがなかったのですが、主人は「これ何回か聴いたことある!」と言ってました。)
 
 
 
「定番すぎるのはなぁ。。。」
 
 
とすこし迷いましたが、この曲で入場するシーンを思い浮かべてみるとととてもしっくりきて、自分の気分も盛り上がるなぁと思ったので、これに決めました!☆
 
 
パッヘルベルのカノン」という人気のクラシックをアレンジしていて、とても可愛い曲です^^
 
 
 
入場は、男性スタッフの方が先導してくださるので、彼について行く感じです。
 
 
もちろん、介添え人の女性もずっとついて居て下さり、ドレスの裾を持ってくださるので何も心配することはありません!
 
 
新郎新婦は、笑顔で堂々と歩くだけです。
 
 
 
入場曲が流れ始めたら、会場後方のドアから入場して、後ろの真ん中のところまでゆっくりと歩きます。
 
 
たどり着いたら、一度ふたりでゲストの方々に深く一礼です。
 
 
 
舞台役者にでもなったかのような強いスポットライトを浴びて、ゲストの方々から盛大な拍手をいただき、本当に「これは夢かなぁ?」と思ってしまうような瞬間でした^^☆
 
 
スポットライトの明るさはすごくて、周りが見えないほどです。笑
 
 
 
一礼が終わったら、そのまま会場の前方まで歩いていって、高砂へ上ります。
 
 
高砂へ上るのはこのときが初めてです!
 
 

 
 

 
 
実際に座ってみると思ったよりも目線が高くて、「本当に主役なんだなぁ」という気分になりました。
 
 
 
母にも、結婚式が終わったあとに「高砂がすごく豪華で、まるでふたりで王国を築いたみたいだったわよ!笑」という感想を頂きました。笑
 
 
コンラッドの素敵な会場に感謝です☆
 
 
 

ウェルカムスピーチ・祝辞・乾杯の挨拶

 
 
さて、高砂に着いたら、新郎のウェルカムスピーチです。
 
 
主人は当日朝、起きたときからぶつぶつとスピーチを唱え続け、緊張で落ち着かない様子だったので、わたしまでドキドキでした。笑
 
 
それでも結果、しっかりと失敗もなくやり遂げたので、「すごいなぁ」と感心しました。
 
 
 
そのあとは主賓の方からの祝辞乾杯の挨拶・・・と進んでいきます。
 
 
祝辞が終わったあと、乾杯をするにはドリンクが必要ですので、司会の方が新郎新婦のプロフィールを紹介してくださいます。その間に、スタッフの方々が各テーブルのドリンクを準備してくださる感じです☆
 
 
 
ちなみに乾杯のBGMに選んだのは、ウルフルズの「バンザイ~好きでよかった~」です。
 
 


 
 
こちらも定番ですね♪主人がこの曲がとても好きなので、ここで採用しました^^
 
 
 
曲の始めから盛り上がりポイントがきますので、とても使いやすいと思います。おすすめです☆
 
 
 
長くなるので、次は「ケーキ入刀」から書かせていただきます♪
 
 
 
読んでいただいてありがとうございました!
 
 
*続きはこちら☆↓
 
 
【*コンラッド披露宴レポート②*】ウェディングドレス編その2「ケーキ入刀・ファーストバイト」
 
 
*まずはコンラッド東京の雰囲気を見に行ってはいかがですか?^^コンラッドのアフターヌーンティーはいつも見た目が可愛くてクオリティが高いので、とってもおすすめですよ☆(画像クリックでプラン確認・予約できます)↓



*「どうやって結婚式場を決めたらいいか分からない」という方は、まずはどんどんブライダルフェアを予約してみましょう^^
 
こちらのサイトは会場を360度見渡せる「パノラマビュー機能」があるので、会場の様子が手に取るようにわかります。。☆!↓


-ウェディング編, 当日のレポート

Copyright© のんびり男の子ママの子育てDAYS♡ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。