ウェディング編 準備

【ウェディングブーケは造花に決定☆】どうやって決めた?選び方をご紹介!

更新日:

こんにちは^^♪
 
 
今日は、結婚式でもかなり重要な「ブーケ選び」について書きます。
 
 
挙式・披露宴では必ず持つものですし、ドレス姿をさらに素敵に見せるにはブーケ選びがとても重要ですよね!
 
 
 
基本的に、ブーケは会場の装花を担当してくださるフローリストさんにお願いする方が多いと思います。
 
 
その場合は本物のお花、「生花」のブーケになります。
 
 
わたしも最初はフローリストさんに相談し、ドレスと合いそうな素敵なブーケをいくつか提案いただきましたが、「数日すれば枯れてしまうし、せっかくきれいなのにとっておくこともできないしなぁ。。。」と少し残念に思って。
 
 
 
そんなときに、「アーティフィシャルフラワー」という高級造花の存在を知りました。生花をリアルに再現している造花のことで、とてもクオリティーが高く、一見造花に見えません
 
 
調べていくうちに、「リュクスフルール」さんというお店に出会いました。
 
 
ホームページに載っているブーケやアクセサリーなどがとても可愛くて一目惚れし、オーダーさせていただきました。
 
 
それでは、ウェディングドレス用カラードレス用をそれぞれ見ていきます☆
 
 

ウェディングドレス用

 
 
ウェディングドレス用には、「キャスケード」という下が少し長くなっている形のブーケを選びました。
 
 

 
 
数種類のバラを混ぜて、ナチュラルな雰囲気になるようオーダー。
 
 
まん丸で可愛いラウンドブーケも迷いましたが、わたしが選んだウェディングドレスはプリンセスラインでとてもボリューミーなもの。
 
 
ブーケもまん丸にしてしまうと全体のボリュームが出すぎてしまうので、キャスケードで少し大人っぽさを出すことにしました。
 
 
ただ好きな雰囲気のお花を選ぶだけではなく、「ドレスと合わせて、全体的に見てどうか」ということがとても重要だと思います。
 
 

カラードレス用

 
 
カラードレス用には、濃いピンクを使ったラウンドブーケを選びました。
 
 

 
 
カラードレスは優しいパステルピンクを選んだので、ブーケは濃いピンクにして、刺し色にすることにしました^^♪
 
 
お色直しはラブリーな雰囲気にしたかったので、形はラウンドを選んでとことん可愛らしく
 
 
このブーケを持つことで、コーディネート自体が素敵になりました。
 
 
ちなみに、花冠も同じお花でオーダー。とても可愛くて、周りにも好評でした☆
 
 
アーティフィシャルフラワー」とは聞きなれない言葉かもしれませんが、クオリティが本当に高いのでとてもおすすめです♪
 
 
しかも、生花のブーケはアフターブーケなどにしない限りすぐに枯れてしまいますが、美しいまま取っておくことができるのも魅力です。
 
 
このブーケを持って披露宴したんだなぁ^^」といつまでも手元に置いておける思い出の品があることは、幸せなことですよね!
 
 
 
皆さんも素敵なブーケに出会えますように^^♪

-ウェディング編, 準備

Copyright© のんびり男の子ママの子育てDAYS♡ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。